So-net無料ブログ作成

トラちゃん

160921tumura-tora-tyan.jpg

大きな嵐が過ぎ去って、晴れるはずの空は、不安定なままです。
虚ろに彷徨う心も定まらず、空と心の模様は途方に暮れてしまいます。
それでも、愛は気丈に佇んで、あなたの旅立ちを見守ります。

三度の悲しみに耐えて愛は、あなたにも香を捧げて見送ります。
優しさは変わらず、応えてくれた愛に労いの言葉をかけています。
温もりもまた同じくして、其の頑張りをそっと包み込むように覆います。

160921tumura-neko-tyan.jpg

永遠になったあなた達を想うと、其処に美しい景色が見えて来ます。
そして、同じ愛に育まれた美しい魂が出会って、いつも傍に居ます。
これからも寄り添いながら、優しさと温もりに包まれながら、一緒に居ます。

涙が教えてくれるのは、「優しさと温もりにあふれるのは、応える愛が在ったから」。
合掌。

ご依頼主様  和歌山県和歌山市 T様

告別      トラ 平成28年9月21日


nice!(31)  コメント(14) 

合掌。雑記 「月例伴侶動物法要」 9月27日

160927houyou.jpg

本日、第54回伴侶動物法要におきまして、
ご縁のペット達の回向をさせて頂きまして無事納骨を済ませました。

回向:動画 :2:46


納骨:
160927noukotu.JPG

合掌。
平成28年9月27日
                      エターナルペットサービス 代表 土佐野枝動

☆☆☆お知らせ☆☆☆
常住院様にて、毎月27日に「伴侶動物法要」を行なっております。
これからご参加をご希望される方は、ぜひご参加下さいませ。詳しくは、常住院様ホームページまで
nice!(24)  コメント(9) 

まろんちゃん

160909nakao-maronn-tyan.jpg

薄暮に見上げれば、上弦の月はすくっと真っ直ぐ立って、地を照らしていました。
ラッシュアワーの車は、テールランプを点けたり消したりして、連なっていました。
まだ暑さの残る一日の暮れに、風は心地よく吹いてくれていました。

家族に見守られ、其の祈りの中、あなたが旅立ちます。
たくさんの癒やしと幸せをもらったあなたに、心から感謝して見送ります。
正直な言葉であなたを見つめると、自然と頭が下がります。

愛はいつも凛として立って、常にあなたを包み込んでいました。
傍に一緒の風景は、其れは其れはとても心地よく過ぎて来ました。
今日の日が暮れ行こうとも、明日からも心のあなたと、同じ時を刻み歩みます。

涙が教えてくれるのは、「過ぎた風景そのままに、未来の風景も共有して」。
合掌。

ご依頼主様  大阪府堺市 N様

告別      まろん17歳 平成28年9月9日


nice!(34)  コメント(14) 

合掌。雑記 [永遠の天使達2016-8月]

16-08blog.jpg



8月に最後のお手伝いをさせて頂いた子達のメモリアルフォトで、
[永遠の天使達2016-8月]を作りました。

エターナルペットサービス 土佐野枝動
nice!(20)  コメント(8) 

コネちゃん

160903tumura-kone-tyan.jpg

お昼から雲行きは怪しくなって、蒸し暑さの中、灰色の雲に覆われました。
遠く嵐が近づく以上、不安な空は拭い切れないものなのでしょうか。
雨がぽつりと落ちたかと思うと、半天一気に青空になったり、それほど雲は急いでいました。

嵐特有の天気のもと、香の漂う中を、家族に見守られてあなたが旅立ちます。
優しさは陽だまりのように、あなたを慈しみ、其の周りにあふれていました。
温もりは木漏れ日のように、あなたを思いやり、其の傍にありました。

130213tumura-tibi-tyan.jpg

あなた達のお陰で、天地いっぱいの幸福を感じる日々でした。
正直な想いをメッセージにして、清らかな愛を持って天へ届けます。
永遠の家族は、いつまでも、其の愛と想いの中に居ます。

涙が教えてくれるのは、「優しさと温もりにあふれるのは、いっぱいの幸福が在るから」。
合掌。

ご依頼主様  和歌山県和歌山市 T様

告別      コネ19歳4ヶ月 平成28年9月3日


nice!(25)  コメント(8) 

チロルちゃん

160820sakai-tiroru-tyan.jpg

朝日を受けて湾岸は、航行の無事を祈って、神々しく光っていました。
ウインドウを吹き抜ける海風は、すでに熱を帯びて過ぎて行きます。
また乾いた大地に、汗と涙がひとつになって、吸い込まれて行きます。

静かに家族だけの時間は過ぎて、荘厳な時を迎えます。
香は漂い、祈りは覆って、礼を尽くす中、あなたが旅立ちます。
愛しいあなたが可愛いまま、幸せのままに、遥か虹へと向かいます。

これまでもあなたとの時間は、木漏れ日のように輝いて、とても心地良いものでした。
優しさの射す癒やしの中で、愛は注がれ、天地に溶け入る幸せでした。
足るを知って、感謝ばかりの日々に、手を合わせています。

涙が教えてくれるのは、「愛は、癒やしの中で注がれ、日々足るを知って」。
合掌。

ご依頼主様  大阪府大阪市 S様

告別      チロル18歳 平成28年8月20日


nice!(31)  コメント(17)