So-net無料ブログ作成

合掌。雑記 「月例伴侶動物法要」2月27日

170227houyou.JPG

2月27日、第59回伴侶動物法要におきまして、
ご縁のペット達の回向をさせて頂きまして、無事納骨を済ませました。

回向:動画 :6:15


納骨:
170227noukotu-sotouba.JPG
170227noukotu.JPG

当日は、海草郡在住のS様とご一緒になりました。
S様を始め参列の皆様、お疲れ様でした。
合掌。
平成29年2月27日
                      エターナルペットサービス 代表 土佐野枝動

☆☆☆お知らせ☆☆☆
常住院様にて、毎月27日に「伴侶動物法要」を行なっております。
これからご参加をご希望される方は、ぜひご参加下さいませ。詳しくは、常住院様ホームページまで
nice!(25)  コメント(9) 
共通テーマ:ペット

とん吉ちゃん

170218takahasi-tonnkiti-tyan.jpg

暖かい一日の終りは、急に冷え込んできて、不安定な日が続きます。
宵の空に星月の瞬きは無く、白い雲にすっかり覆われていました。
重なる悲しみに、空模様さながら、心模様は白く彷徨うようです。

悲しみは、幸せの数だけあるのでしょうか。
いえ、幸せの数が多いと知りつつも、訪れる別れと悲しみには途方に暮れてしまいます。
流れる愛は常住にして、それでも、気丈にあなたに感謝して其の旅立ちを見送ります。

170218takahasi-neko-tyan.jpg

たくさんの幸せと喜びが見える虹で、あなた達は一緒に居ます。
心の中で、虹さえ捜せば、あなた達はいつだって安らかに居ます。
流れた愛は、いつだって全てあなた達の為に、そしてこれからも在り続けます。

涙が教えてくれるのは、「流れた愛は、常住にして、在り続けて」。
合掌。

ご依頼主様  和歌山県和歌山市 T様

告別      とん吉3歳 平成29年2月18日


nice!(24)  コメント(7) 
共通テーマ:ペット

ブイちゃん

170216nisio-bui-tyan.jpg

朝はまだ冷たい空気に触れて、快晴のもと、心地良く走ります。
どこまでも青一面の空に、汚れて霞む遠景がとても残念でした。
あなたの旅立ちに、いつもの愛が清らかそのままに、寄り添っていました。

大好きなあなたを見つめ見守りながら、其の愛は今までに感謝します。
あなたの頑張りを見届けた其の愛は、いつまでも祈り願います。
あなたがこれからも健やかで、ずっと幸せが続きますようにと。

170216nisio-neko-tyan.jpg

皆んなと出逢って、また煌めく時を取り戻すのでしょう。
それは、季折々に映えて、和みの風景となるでしょう。
地上の愛は、まぶた閉じて、それを感謝で見ています。

涙が教えてくれるのは、「愛は季に映り煌めいて、清らかそのままに」。
合掌。

ご依頼主様  奈良県葛城市 N様

告別      ブイ14歳6ヶ月 平成29年2月16日


nice!(27)  コメント(7) 
共通テーマ:ペット

合掌。雑記 イギーの初七日

170204iggy01.JPG

ルナ、ごめんな。約束を守れなかった。
お前の代わりは出来無かった。ごめんな。そっちでイギーを守ってやってくれ。

170204iggy07.JPG
170204iggy08.JPG
iggy-ihai.jpg

初七日の読経は、やっぱり涙声になってしまった。
あれほど楽しかったのに。あれほど幸せだったのに。あれほど足りていたのに。
イギー、お前まで居なくなると、覚悟したつもりでも情けない姿になっちまう。
偉そうなことを云ったり思ったりしても、結局は何かにすがりつきたくなる弱々しい男だわ。

iggy001.jpg
iggy004.JPG
170210iggy06.JPG
170204iggy03.JPG
170210iggy04.JPG



楽しい毎日をありがとう、イギー。
お前に笑われないように、其の思い出を振り返り、笑顔を取り戻そうとしている。
母さんも寂しそうだけど、何とか頑張って堪えている。
独りきりは辛い。できるだけ二人で居たい。そして、笑顔でお前の話をしようと思う。

170204iggy05.JPG
170204iggy09.JPG
170210iggy02.JPG

イギー、ルナから離れるなよ。
そして、こんな情けない俺を、みんなと一緒に見守り励ましてくれ。

枝動
2017年2月10日 イギー初七日法要
合掌。


nice!(30)  コメント(7) 
共通テーマ:ペット

アッシュちゃん

170210horise-assyu-tyan.jpg

別れの朝に雪は舞い、見るもの全てを白に染めていきます。
赤いテールランプは連なり、悪い視界の中を不安が襲ってきます。
天覆う寒さは、また居座ってしまうのでしょうか。

あなたの旅立ちは、優しい家族のもと、不安とは無縁ですね。
信頼の愛に包まれて、温かさに付き添われ、雪化粧の中をあなたが行きます。
あなたの見つめるその先に、確かな安心と信頼が在るのですね。

其の愛は、喜びを生み、煌めいた毎日を積んでくれました。
そしてあなたの愛は、かけがえのない幸せを創り出してくれました。
其の愛は、感謝にあふれて、今なおあなたへ向かいます。

涙が教えてくれるのは、「信頼の愛は、永遠に傍に感じられて」。
合掌。

ご依頼主様  和歌山県岩出市 H様

告別      アッシュ17歳 平成29年2月10日


nice!(30)  コメント(10) 
共通テーマ:ペット

合掌。雑記 [永遠の天使達2017-1月]

17-01blog.jpg



1月に最後のお手伝いをさせて頂いた子達のメモリアルフォトで、
[永遠の天使達2017-1月]を作りました。

エターナルペットサービス 土佐野枝動
nice!(28)  コメント(8) 
共通テーマ:ペット

クッキーちゃん

170206kimura-kukkii-tyan01.jpg

強風は吹き荒れて、ゆるやかな大河の流れは押し戻されていました。
河川敷のススキは光芒を受けて、金色に輝いていました。
パパとママの祈りの中、幸せにあなたが旅立ちます。

滲み霞んだ風景は、ゆらゆらと風に揺られて、思い出の中に在ります。
楽しい思い出は数多く駆け巡り、金色に煌めいた日々が蘇ります。
あなたと一緒の幸せな時間に感謝して、あなたを見送ります。

可愛くて可憐なあなたの笑顔が、いつまでも心に残ります。
其の面影を抱きしめて、あなたの魂とともに、これからも一緒に歩みます。
あなたはいつも微笑んで、永遠に幸せに包まれています。

涙が教えてくれるのは、「永遠の微笑みを、心に抱いて」。
合掌。

ご依頼主様  和歌山県岩出市 K様

告別      クッキー13歳 平成29年2月6日


nice!(28)  コメント(7) 
共通テーマ:ペット

イギー

170204iggy.JPG

立春の日、すごく暖かくなって、日向ぼっこをしながら眠るように逝ってしまった。
白い上弦の月は起き上がろうとして、力を振り絞っているように見えていました。
ルナに続いてお前まで.....逝ってしまうなんて、上弦が色づいたなら吠えてしまいそうだ。

170204iggy01.JPG
170204iggy02.JPG

翌、別れの朝は冷たい雨で、降り止まない雨が俺達の心模様を語っていた。
命の限り、全てを燃焼し尽くしたお前の体は、泣けるほど軽くなっていた。
見慣れた風景も、至る所にお前との思い出が在り、また雨はいっそう激しく哭いている。

170204iggy03.JPG
170204tosano-pet-tyan.jpg

冴ゆる季の星空に、お前の星を見つけて、みんなと一緒に居る姿を想っている。
イギーありがとう、楽しかったな。ルナ、またイギーを頼むよ、お前だけが頼りだ。
長い間、お陰で俺達は充分幸せだったよ。皆んなありがとう。
iggy-ihaisitae.JPG
2017年2月4日 12:05 イギー永眠

涙が教えてくれるのは、「最後の愛に、足るを知って」。
合掌。

依頼主  和歌山県和歌山市 土佐野

告別   イギー13歳 平成29年2月5日


nice!(26)  コメント(10) 
共通テーマ:ペット

しゃなちゃん

170203nakayama-syana-tyan.jpg

葉を失った枝を集めて、冬枯れの山はじっと座っていました。
寒風に吹かれて、季を分ける日は、天気雨の中に在りました。
水辺を歩くセキレイの囀りを聞きながら、あなたが旅立ちます。

最後にあなたへ、消えない想いを篤い気持ちで伝えます。
慟哭は風の声に混じり、あなたを取り巻くように、渦舞うようです。
ただ、天地いっぱいの感謝だけが、壊れそうな心を支えてくれています。

121220nakayama-tyama-tyan.jpg

あなた達にもらった幸せを思い起こすと、愛は止みません。
これからも、天地いっぱいに変わらない愛で、あなた達を偲びます。
いつまでも、あなた達を傍に感じて、満ちた幸せを温めます。

涙が教えてくれるのは、「天地いっぱいの感謝で、知足の温もりを感じて」。
合掌。

ご依頼主様  奈良県香芝市 N様

告別      しゃな9歳 平成29年2月3日


nice!(25)  コメント(8) 
共通テーマ:ペット

さくらちゃん

170201ohara-sakura-tyan.jpg

夜になって、不思議と大気は暖められたようで、明日の予報に戸惑う夜でした。
すでに五日の月は無く、南空の山端に名を知らない星が昇って来ていました。
星の瞬きの下、家族の温かい愛の元、あなたが旅立ちます。

あなたのつぶらな瞳を想うと、過ぎた日が駆け巡って行きます。
楽しさと喜びに満ちて、幸せを実感できた日々でした。
そう想うと、星の瞬きは淡い雫のようで、拭っても拭っても滲んでいました。

150325ohara-a~binn-tyan.jpg

あなた達に感謝しながら、毎日偲んでいます。
ふと、昨日のように思い出される遠い日の必然に、手を合わせます。
想いは天に届き、あなた達に伝わり、あなた達は永遠に安らかです。

涙が教えてくれるのは、「愛は幸せな日々に感謝して、雫拭って」。
合掌。

ご依頼主様  和歌山県岩出市 O様

告別      さくら15歳10ヶ月 平成29年2月1日


nice!(29)  コメント(7) 
共通テーマ:ペット