So-net無料ブログ作成

宗継ちゃん

171005katou-munetugu-tyan.jpg

大河を続けて三つ渡りきると、日に向かって、大きな街へインターを下ります。
気温の日較差をかなり感じて、幽な風の中に居ました。
空は一面のうろこ雲で、季は確実に移ろい歩を進めています。

変わらない愛は、あの日と同じ祈りの中で、なおあなたを想い其の旅立ちを見送ります。
優しく温かく包み込む愛は、生きた其の証しを魂に溶け入らせます。
慈愛は、刹那にも健気だったあなたに、誇りを持たせています。

171005katou-neko-tyan.jpg

大河が海へ出たならば、其処に虹が架かり、健やかなあなた達が居るのでしょう。
同じ優しさと温もりを知るあなた達は、いつまでも安らかであり幸せです。
いつだってこの慈愛に見守られ、この先も其れはすぐ傍に在ります。

涙が教えてくれるのは、「慈愛の心は、生きた証しに誇りを持たせて」。
合掌。

ご依頼主様  愛知県蟹江町 K様

告別      宗継1歳 平成29年10月5日


nice!(22)  コメント(7) 
共通テーマ:ペット

モンちゃん

171004okazaki-monn-tyan.jpg

薄暮にテールランプの赤が綺麗で、ラッシュアワーの其れはとても長く連なっていました。
空には名月が、朝の心配をよそに、其の姿を鮮やか色に映し出していました。
風吹いて中秋は、冷やかに移ろい、悲しみを振り払うかのように過ぎていました。

171004okazaki-monn&theo-tyan.jpg

涙は温かいままあなたに触れて、数多くの感謝を伝えます。
過ぎた日は、其の仕草に癒され、其の笑顔に幸せを積みました。
ながむる愛は、思いやり慈しみ無上にして、守り続ける愛でした。

171004okazaki-pet-tyan.jpg

美しき虹は、幾つ季を数えても、あなた達の居た美しい風景として架かります。
愛は今なお、感謝であなた達へ向かい、安らかさを願う祈りとなります。
愛は消えない想いの中で、永遠の家族を慈しみ続けています。

涙が教えてくれるのは、「守り続ける愛は、無上にして、今なお祈りの中に」。
合掌。

ご依頼主様  和歌山県和歌山市 O様

告別      モン6歳 平成29年10月4日


nice!(18)  コメント(6) 
共通テーマ:ペット

カレンちゃん

171004katou-karenn-tyan.jpg

中秋だというのに、鉛の雲は重く、夜に名月は楽しめないかも知れません。
秋風は急に舞って、つむじにそよいで、笹の葉をさらさらと揺らして過ぎていました。
また積む悲しみに、愛は同じように香を捧げて、あなたの旅立ちを見送ります。

心彷徨い、どうしても堪えきれずに、涙は頬を伝います。
あなたの居た風景は、長い間、癒やしと和みの日々でした。
残された愛は、あなたにも変わらぬ其れで、約束を交わします。

170906katou-sinnnosuke-tyan.jpg

月が輝けば、安らかな心持ちであなた達を偲びます。
これからもあなた達は輝き続け、胸の中に其の姿は在ります。
和やかに癒やされ続けた日に感謝して、前を見据えて進みます。

涙が教えてくれるのは、「残された愛は、癒やしと和みの日々に感謝して」。
合掌。

ご依頼主様  奈良県葛城市 K様

告別      カレン17歳 平成29年10月4日


nice!(22)  コメント(9) 
共通テーマ:ペット

さくらちゃん

170930yosimizu-sakura-tyan.jpg

爽やかに青空は広がって、強い西陽を直接受けていました。
微かな風に吹かれる夕刻は、もの静かに過ぎていました。
家族に囲まれて、いつもの愛に満たされる中、あなたが旅立ちます。

警察犬のビブスを纏って、優しい寝顔のあなたは、安らかそのものです。
野を駆け山を駆け活躍する姿を思うと、自然に頭が垂れます。
常住の愛は、凛とした姿を見つめ続けて、慈しみ支えてきました。

170423yosimizu-makkusu-tyan.jpg

季が移り花は変われど、積む悲しみに心空しく彷徨います。
あなた達の居た日常が、あまりにも素敵だったから、寂しさ埋める時が長く必要です。
長い間にもらったたくさんの幸せに感謝して、更に幽な秋風に涙飛ばします。

涙が教えてくれるのは、「常住の愛は、凛とした愛を慈しみ支えて」。
合掌。

ご依頼主様  奈良県天理市 Y様

告別      さくら13歳 平成29年9月30日



nice!(21)  コメント(9) 
共通テーマ:ペット

コロン様

170929sawada-koronn-sama01.jpg

夜の公園に影は無く、また風も無く、雲の合間に星が見え隠れしていました。
静かな厳かな夜に、秋虫の声を聞きながら、あなたを見守ります。
めぐる遠い日よりの思い出に、感謝を伝えて、あなたの旅立ちを見送ります。

あなたの愛らしい瞳も、あどけない仕草も、其の癒やしに満たされていました。
共有した長い時は、毎日毎日心通わせ、ひとつひとつ幸せを積み、絆を深めました。
愛は滞る事無く、互いを支え合いながら、滔滔と流れていました。

あなたを手元に感じながら、花の季節には、また感謝であなたを偲ぶでしょう。
冴ゆる季節に夜空を仰げば、あなたの星はいっそう映えて煌めいているでしょう。
地上の愛は天上の愛と繋がりながら、消えない想いはどこまでも届きます。

涙が教えてくれるのは、「愛は滞る事無く、其の想いを届けて」。
合掌。

ご依頼主様  千葉県 G様

告別      コロン様14歳6ヶ月 平成29年9月29日


nice!(21)  コメント(11) 
共通テーマ:ペット

ブー(ビリ)ちゃん

170919nisio-buu-tyan.jpg

嵐が去ったあと、また夏の暑さがぶり返し、汗する日が続いていました。
草地には赤とんぼが舞い、虫の声を聞いて時を刻みます。
季は緩やかに移ろいながら、遠い日のことを思い起こさせてくれます。

いつもの愛は、あなたの旅立ちを見守りながら、またひとつ深呼吸します。
楽しい時間は悠久の時を経て、心の中に留まっているようです。
大好きなあなたと其の時を過ごせたことに、感謝で深々と手を合わせます。

170919nisio-neko-tyan.jpg

あなた達が集う風景は、煌めいて映り、昔のままの事のようです。
愛は遠い日に還って、ひとつひとつ其の毎日をめくり返していきます。
鮮明に蘇る思い出は、幸せに包まれて、感謝でいっぱいの風景です。

涙が教えてくれるのは、「愛は季に映り煌めいて、遠い日に還って」。
合掌。

ご依頼主様  奈良県葛城市 N様

告別      ブー(ビリ)15歳1ヶ月 平成29年9月19日


nice!(30)  コメント(15) 
共通テーマ:ペット

合掌。雑記 「月例伴侶動物法要」9月27日

170927houyou.JPG

本日、第66回伴侶動物法要におきまして、
ご縁のペット達の回向をさせて頂きまして、無事納骨を済ませました。

動画:2:39


納骨:
170927noukotu.JPG

合掌。
平成29年9月27日
                      エターナルペットサービス 代表 土佐野枝動

☆☆☆お知らせ☆☆☆
常住院様にて、毎月27日に「伴侶動物法要」を行なっております。
これからご参加をご希望される方は、ぜひご参加下さいませ。詳しくは、常住院様ホームページまで
nice!(20)  コメント(8) 
共通テーマ:ペット

ヴィクトリアちゃん

170915asitaka-vikutoria-tyan.jpg

近づく台風の影響で、不安な空模様に、怪しげな風が吹いていました。
星も月も無い夜空でも、雲が南へ流れるのが見えていました。
戸惑い更ける静かな夜に、虫の声だけを聞きながら、心落ち着かせていました。

其の愛は、いつもと同じく優しくあなたを包み込み、旅立ちを見守ります。
其の愛は、永遠のあなたに寄り添い、いつまでも感謝を伝えます。
永遠の其の愛は、過ぎた愛しき日々を刻んで、胸にしまっておきます。

170915asitaka-neko-tyan.jpg

虹に安らぐあなた達を偲んで、変わらぬ想いで呼びかけます。
積んだ幸せは数多く、忘れられない時を、感謝で思い起こします。
あなた達と交わした約束は、常住の愛で守られて、祈りの中に在ります。

涙が教えてくれるのは、「永遠の愛は、永遠の約束をして、祈りの中に流れて」。
合掌。

ご依頼主様  和歌山県和歌山市 A様

告別      ヴィクトリア15歳 平成29年9月15日


nice!(27)  コメント(12) 
共通テーマ:ペット

合掌。雑記 [永遠の天使達2017-8月]

17-08blog.jpg



8月に最後のお手伝いをさせて頂いた子達のメモリアルフォトで、
[永遠の天使達2017-8月]を作りました。

エターナルペットサービス 土佐野枝動
nice!(28)  コメント(18) 
共通テーマ:ペット

慎ノ介ちゃん

170906katou-sinnnosuke-tyan.jpg

小雨のぱらついた曇天で、朝から蒸し暑い日の始まりでした。
あやふやな空も、やがて明るさを取り戻して、少し風を誘うようになっていました。
香を捧げて家族は、あなたの旅立ちを見守り見送ります。

あなたを手元に感じて、偲び続ける心に感謝しかありません。
来る日も来る日も幸せに満ちて、其れはもっともっと続くものだと信じていました。
あなたが居たから、煌めきながら日は過ぎて、癒やされ続けた日々でした。

かけがえのないものを失うにしても、悲しみに暮れてばかりでは居られません。
あなたの生き様に恥じぬよう、前を見据えて力いっぱい歩まねばなりません。
あなたの残したものは、そんな約束を、心通わせ絆を築いて交わしたことでした。

涙が教えてくれるのは、「残された愛は、約束通りに前を見据えて」。
合掌。

ご依頼主様  奈良県葛城市 K様

告別      慎ノ介14歳 平成29年9月6日


nice!(19)  コメント(8) 
共通テーマ:ペット